或る猿人のブログ

シングルバトル

【シーズン13】レート2000最終401位 技5個サーフゴーサイクル

こんにちは、エンジンです。
レート2000を達成したので少し早めに記事を書きます。

 

レンタルパあります。(ミスでツツミのA個体値がVになっていませんが、レギュEももう終わりなのでお許しください)

〈構築経緯〉

〜12月中盤までのあらすじ〜
・初日から雨パを使って瞬間2位まで行き、でんじはとステルスロックの偉大さを学んだ
・ヤーティを使ってサブロムをマスターボール級まで上げて、攻めサイクルの感覚を養った
・藍の円盤でネリネに3連敗した(関係ない)
・京ポケのかんちゃろー先輩の構築「テツノツツミ おかしい」を使ってみたところ、テツノツツミがおかしかったので、テツノツツミから組み始めることにした

テツノツツミ おかしい→https://kancharopoke.hatenablog.com/entry/2023/12/01/181128

テツノツツミ軸の構築を使うにあたって、自分はかんちゃろーさんのようにはハバタクカミを使いこなせなかったので、おいしいところだけを取って基本選出とした。「テツノツツミ おいしい🍗🍴」

・CS眼鏡テツノツツミ
・HDオボンランドロス
・HB残飯サーフゴー

この選出の弱点は以下の通りである。

・パオジアンが重い
・炎オーガポンが重い
・赫月ガチグマが重い
・キョジオーンが重い
・トドロクツキが重い
・サーフゴーの突破力が足りない

上から5個は残りの3枠で対処できるとして、問題は6つ目の「サーフゴーの突破力が足りない」である。サーフゴーの突破力を上げるためにはわるだくみを採用するのが手っ取り早いが、既に技構成が完成されていて外せる技も無かった。
・ゴールドラッシュ
・たたりめ
・でんじは
じこさいせい
 + わるだくみ
技を並べてみて気がついた。この中に1つ、持ち物で代用できる技があるじゃないかと。

 わるだくみ→じゃくてんほけん

これが技5個サーフゴーの始まりである。

残りの問題点は他のポケモンで対処していく。

まずキョジオーンと赫月ガチグマについて。京ポケのラドゥン先輩にキョジオーンに強いポケモンは何かとお尋ねしたところ、身代わり水オーガポンと返ってきたので採用してみた。このポケモンは赫月ガチグマにも強く、ウーラオスのすいりゅうれんだやカイリューのじしんを呼ばないので、サーフゴーとの相性も良かった。

次にトドロクツキについてだが、あくドラゴンひこうを全て半減にできるポケモンがいいと思い、けたぐりドドゲザンを採用した。

最後にパオジアンと炎オーガポンについて。新年早々ランクマに潜っていると、なんとあのかんちゃろー先輩と偶然当たってしまい、パオジアンにボコボコにされた。そこで、Twitter(現X)の鍵垢で半ば衝動的にパオジアンに後出しから勝てるポケモンを募集したところ、未来のレギュFの世界から来たしホピ先輩から奇石夢チャオブーと返信が来たので、頭を悩ませながら一番近いと思われる炎ケンタロスを採用した。このポケモンはついでに炎オーガポンも対策できる。(追記:しホピさんは変な人ではありません。A1飛行テラコレクレーをくださった優しい方です。)

こうして構築が完成した。


〈個体紹介〉

ここに役割対象を後出し可能かどうかも含めてある程度書いておく。選出の型のようなものは無いので後出し性能を考慮して選出(特に初手)をその場で考える必要がある。

🐧テツノツツミ

普通の眼鏡ツツミ
[役割対象]
上を取れるやつほぼ全て
倒せるHPになったポケモンをスイープ
後出しは明らかに半減技や変化技が来る場合以外基本しない
例外として、初手相手水ウーラ自分ランドの時は、
・ツツミ引き→クイタンでサフゴ
   or
・ガポン引き→サフゴ引き
とする。

🐅ランドロス

カミサフゴユイパオ炎ポンに強い炎テラ
エナジーカミにはとりあえず岩石撃ってればあとはツツミがなんとかしてくれる
カミやイーユイから氷テラバが飛んできたら終わり
[役割対象]
カミサフゴ(後出し可)
イーユイ炎ポン(後出し微妙)
テラス時はパオも(後出し微妙)(初手パオランド対面テラス蜻蛉→ツツミの冷ビで落とす)
テラス時は炎ポンに後出し可能


🪙サーフゴー

上述の技5個サーフゴー
主にカイリューのじしんやほのおのうずで弱保を発動
4振りランド抜き
[役割対象]
炎ポンとイトウと悪タイプと地面タイプ以外の物理、補助技主体のポケモン、キラフロル
↓↓後出し可能な場面(一部)↓↓
相手水ウーラ自分ツツミ水ポン
相手カイリュー自分ツツミランド水ポン
相手ツツミ自分水ポン
相手コノヨザル(憤怒威力50の時)
相手フロル自分ツツミランド水ポン
相手モロバレル
相手あまり打点のない物理


🎭水オーガポン

普通のHA水オーガポン(追記:そもそもHAが普通じゃないらしい。知らなかった)
中速高火力なので電磁波と相性がいい
[役割対象]
キョジオーン
受け系
テラス時特殊全般(特に赫月ガチグマ)
非テラス時は水技以外にあまり後出ししない
テラス時は火力が高すぎない特殊技に後出し可能


🏯ドドゲザン

なんか対応範囲が広そうなチョッキ(適当)
[役割対象]
トドロクツキ(半減技に後出し可能)
ハバタクカミ(Sブーストや霊技が読める場面で後出し可能)
サーフゴー(後出し可能、気合玉は事故)
イダイトウ(後出しは厳しい)


🐂炎ケンタロス

ヤーティから流用した鉢巻
正解だったかはわからん
中速高火力なので電磁波と相性がいい
[役割対象]
パオジアン(後出し可能)
炎オーガポン(後出し可能)
イーユイ(麻痺時のみ後出し可能)
アローラキュウコンの壁を破壊


〈結果〉
TN エンジン
401位 レート2000.451

 

〈Special Thanks〉
・かんちゃろーさん
・ラドゥンさん
・しホピさん
・実家の環境
ネリネ

【シーズン11】レート2014最終363位 初手とアンコと積みエース

ぽにおツツミリュー!!!

ってそれはフタバスズキリュウやないか〜い!

どうも、エンジンです。

USUMからレーティングバトル、ランクバトルを続けてきて、SVのシーズン11でようやくレート2000を達成したので記事に残します。

概要 初手で荒らしてアンコで縛って積みで全抜きするだけ。

こちらレンタルパとなっております。

 

【構築経緯】
9月にオーガポンが来る前まで使っていたノートちゃんのレンタルパの使用感がかなり良かったので、それをベースに組み始めることにした。

こちらの記事のものです↓↓↓

https://note-tyan.hatenablog.com/entry/2023/09/02/104620

ミミッキュの型は変えず、イーユイは個人的にオバヒが好きじゃないのでかえんほうしゃにし、ツツミのテラスタルを毒にした。理由は後述する。カイリューは元のしんそくじしん型では赫月ガチグマに勝てないので、鋼テラスタルのけたぐり持ちを採用。残りの枠は炎オーガポンに強い岩オーガポンと、広範囲のポケモンにある程度仕事が出来そうな炎テラスチョッキハッサムを採用した。途中でこの型のカイリューだとサーフゴーやイダイトウに全く打点が無いということに気づき、ハッサムを抜いてサブの積みアタッカーとして悪ウーラオスを採用。10月31日の夜に、今までプレイングでごまかしていた初手の水ウーラオスに安定する枠が欲しくなったので、ミミッキュを抜いてフェアリーテラスチョッキメスイダイトウを採用。このイダイトウは、同じポケモンサークルに所属する1回生のゆ〜きと一緒に考えた。
基本選出は、個体紹介の欄に書いた初手枠+アンコール枠+積みエース枠

 

【個体紹介】
テツノツツミ@ブーストエナジー

アンコール枠①。
まだ冬じゃないのにサンタの格好をしていて、もう夏は終わったのに打ち水(ドロポン外し)をする季節感度外視ポケモン。運が悪い時はハイドロポンプを平気で3回連続外したりするが、最終日の朝はほとんど当ててくれた。みがわりアンコールで積みの起点を作る。こおりタイプなので、相手のカイリューにテラスタルを切らせることができる点も優秀。毒テラスタルは、ムーンフォース、しんくうは、インファイトドレインパンチマッハパンチウッドホーン、グラススライダー、フェイタルクロー等を半減し、どくどくを無効化し、しおづけでみがわりが壊れない最強のテラスタルである。ハバタクカミや炎オーガポンは、テラスタルしてハイドロポンプを2回当てると突破できることが多い。

調整意図
最速CS
別のシーズンにクイタンを使っていたのでA個体値がVになってしまっている

 

カイリュー@ゴツゴツメット


積みエース枠①。
最初にりゅうのまいしんそくは確定とした。持ち物はカイリューミラーに強いゴツゴツメットを採用。ガチグマのノーマル技を半減できる鋼テラスタルと、ガチグマへの最大打点のけたぐり。鋼テラスタルにしたのでついでにアイアンヘッドを採用。困った時はりゅうのまいアイアンヘッドで怯ませる。
ツツミで相手のカイリューにテラスを切らせると、ノーマルと鋼にはけたぐりが通り、フェアリーにはアイアンヘッドが通る。飛行とテラス無しはツツミのフリーズドライが通る。

調整意図
1舞で最速110族抜き
ガブ抜きが多いと考えて、それより速くした。
キュウコンより速くなるのも優秀。

 

ウーラオス@くろいメガネ

積みエース枠②。
イーユイに襷を取られているのでくろいメガネで採用。しんそく対策のゴーストテラスタル。格闘技はH振りガチグマを乱数で倒しうるインファイトカイリューほど全抜き性能は高くないが、ふいうち択に勝てればかなり強い。

調整意図
準速AS

 

オーガポン@いしずえのめん

初手枠①兼アンコール枠②。
ごく一般的なツタこんぼう、ウッドホーンに加えて、サーフゴーへの打点にもなってキョジオーンなどの残飯持ちにも撃てるはたき落とすと、ツツミと同様に積みの起点を作れるアンコールを採用。アローラキュウコンと対面したときは、テラスタルを切ってワンパンすることもある。

調整意図
最速AS

 

イーユイ@きあいのタスキ

初手枠②。稀に積みエース枠③。
ディンルーやエンペルトなどのステロ撒き要因の前でわるだくみを積んで次のターンにワンパンすると、タスキが残った状態でわるだくみも積んでいるイーユイが誕生する。エンペルトは大体わるだくみかえんほうしゃで落とせたのだが、どうやらHDなら全然耐えるようだ。マッチング運が良かったのだろう。キラフロル入りにも出す。

調整意図
最速CS
適当に捕まえたら出たA0個体

 

イダイトウ(♀)@とつげきチョッキ

初手枠③。
最終日に突如舞い降りたバケモン。
こいつを入れてからレートを200上げた。
水ウーラオスに強いのはもちろんのこと、オーガポンを除く広範囲のポケモンに不利を取らない。実際、初手のパオジアンをテラバースト→アクアジェットで突破したあと、ハバタクカミをシャドーボールアクアジェットで突破する試合が3回ほどあった。チョッキがバレにくいのでよくハバタクカミが来る。キラフロル入りへの選出の幅を広げられた点も高く評価できる。初手枠と書いたが、たまに裏に置くこともある。

調整意図
↓こちらの記事から拝借しました。

https://goodbyestandard.hatenablog.com/entry/2023/08/02/114620

上記の記事に書かれている陽気鉢巻ランドロスのじしん耐えに加えて、2つ優秀な点があるので以下に示す。
・C特化キラフロルのエナジーボールを2連最高乱数以外耐え
・テラスタルした状態で陽気A252パオジアンのかみくだく+こおりのつぶて+臆病C252ハバタクカミのムーンフォース、3連最高乱数以外耐え

しかし何故か一度だけチョッキキラフロルにエナボ2発で突破された。勝ったので許します。

 

【選出】
最初にも書いたが、基本選出は初手枠+アンコール枠+積みエース。もちろん例外はある。

〈初手枠〉


・ディンルー、エンペルト入り→基本的にイーユイ
・キラフロル入り→イーユイorイダイトウ
・ウーラオス入り→基本的にイダイトウ
・炎オーガポン入り→基本的にオーガポンorイーユイ
・岩オーガポン入り→基本的にオーガポン
・水オーガポン入り→あまりわからない。臨機応変に。
・ウーラオスと炎or岩オーガポン両採用→下の〈例外〉の欄に示す
・オオニューラ入り→イダイトウ
・コノヨザル入り→イダイトウ
・上記以外のパオカミ両採用→基本的にイダイトウ
・その他→適当に刺さっていそうなのを出す

〈アンコール枠〉


・基本的にテツノツツミ
・絶望的に刺さっていなかったらオーガポン
※アンコール枠とは言いつつも、必ずアンコールをしないといけないというわけではない。必要無さそうなら代わりに初手枠から選ぶこともある。

〈積みエース枠〉


・サーフゴー入り→ウーラオス
・イダイトウ入り→ウーラオス
炎ゴースト等、カイリューの技を全て半減以下にする他のポケモンも同様。
・ステロ系→意外と五分五分
・それ以外→基本的にカイリューだが、ウーラオスの方が刺さっていそうならウーラオスを出してもよい。
※イーユイを積みエース枠として出すのは他の2体が絶望的に刺さっていない時だけ(全員物理受けなど)。そんなことは滅多にない。

〈例外〉
①ウーラオスと炎or岩オーガポン両採用
明確な答えは無い。
初手を読みきって初手枠を決めるもよし、初手オーガポンで裏にイダイトウを置くもよし、初手にツツミを置くもよし。
残りの4体を見て臨機応変に対応。
普通に多いこの並びに答えが無いのは欠陥とも言える。

②受けループ
アンコール枠+イーユイ+ウーラオスと選出して、イーユイで積んで瞑想ハピナスは急所で突破するorウーラオスでテラスしてクレベースのボディプレスを避けながら積んであんこくきょうだの急所で鉄壁を無効化して突破する。

③サーフゴーやイダイトウがいるのにカイリューを出したい時
アンコール枠+カイリュー+ウーラオス(こちらが多め)
or
初手枠+カイリュー+ウーラオス

グライオン+ツツミ受け
無理!!!
ギリギリまであがいて、それでも無理ならツツミ受けを凍らせましょう。
選出は様々。
最終日にはグライオン+カビゴンのサトシパに負けた。

 

【結果】
TN エンジン
最終 363位 レート2014

TN まだ公開しない
最終 レート1500台 ハッサムミミッキュの方しか使っていない

 

【Special Thanks】
・基盤となる構築を作ったノートちゃん
・イダイトウを一緒に考えてくれたゆ〜き
・イダイトウの調整原案のきっかさん
・終盤偶然当たったouncerさん、ポポノタンさん
京都大学ポケモンサークルの皆様
・水曜日の1限に必修科目を置かなかった京都大学
・強さ引き出す乳酸菌 R-1(案件ではありません)

 

【使用アプリ】
・ibis Paint X(最初のフタバスズキリュウ
Androidアプリ「ポケマネ」(個体紹介)

シングルバトルシーズン9レート1924最終793位ーパオ軸ー記事と呼べるほどのものではないメモ

最初に、火力が高く技範囲が広いパオジアンを通すことから考えた。

ステロは使いこなせる自信が無かったため、2体でサイクルを回して最後にパオジアンを通すような動きをイメージして構築を組み始めた。

途中、ブリガロン、霊獣ラブトロス、ハッサム等のサイクル駒も試したが、最終的には不採用となった。

ロトム、ヒスイヌメルゴン、霊獣ランドロスの3体であれば、どの2体を選んでも補完にすぐれていて、サイクルを回しやすいと気づき、この3体を採用した。

パオジアンの上をとれるポケモンが欲しかったのでスカーフイーユイを採用した。イーユイであればパオジアンの先制技を両方半減できる。ウーラオスゴツゴツメットが痛いので採用しなかった。

最後に水ウーラオスと眼鏡ハバタクカミが重かったのでモロバレルを採用した。

基本選出は一掃役(パオユイ)から1体、残りのサイクル駒から2体。

BIG6にはロトムモロバレル、パオジアンを出す。

 

・珠パオジアン

火力を上げるための氷テラスタルだったが、時々ハバタクカミのムーンフォースを耐えるためにも使った。

 

・眼鏡水ロトム

初手選出率No.1。

鬼火警戒で挑発されることも多く、眼鏡の高火力が通りやすかった。

初手の水ウーラオスに対しては交代読みでハイドロポンプを撃つ。大体ディンルーやガチグマが出てくる。カイリューが出てきたら引いて誤魔化す。

最速ガチグマ抜き。

ラスタル&トリックで地震神速カイリューを完封。

ランドロスの弱点を両方半減。

ヌメルゴンの弱点は地面を無効化、格闘はテラスタルで無効化。

 

・チョッキヒスイヌメルゴン

ハバタクカミ、テツノツツミなどの特殊ポケモンを狩る。

テツノツツミをワンパンできる10まんボルトを採用。

正直冷凍ビームも欲しい。

ロトムの弱点である草技を無効化。

ランドロスの弱点は水だけ半減。

 

・ゴツメ霊獣ランドロス

対物理最強。

初手ミミッキュの皮剥がし役もできる。

ヌメルゴンの弱点を両方半減以下。

 

・スカーフイーユイ

アクアジェット半減の草テラスタル

基本的に撃ち分けできるパオジアンの方が通しやすいので、あまり出さない。

出す時はヌメルゴンでブーストエナジーを持ったテツノツツミを流してイーユイを通す動きが多かった。

 

・脱出パックモロバレル

臆病フェアリーテラスタル眼鏡ハバタクカミのムーンフォース確定2耐えで残りB。

他のポケモンが全員(ランドロスはテラスタル込みで)サーフゴーに強いので意外とサーフゴーは気にならない。

ヒスイヌメルゴンに刺さるじだんだを採用。